実家暮らしが最強のソリューションである

アラサーにしていまだに実家暮らしを続けている「子供部屋おじさん予備軍」のマツです。どうも。

 

今回は私がいい歳をしてなぜ実家暮らしをしているのか、その理由についてお伝えしていこうと思う。

おそらくこれを読み終えた頃には、実家暮らしがいかに最強のソリューションであるかご理解いただけるだろう。

1人暮らしのデメリット

操作, カタツムリ, 動物, 冬, スキー, 賃貸料のため, ロープ, 鳥

実家暮らしが最強だと証明する前に、まずは実家暮らしと比較されやすい1人暮らしについて考えてみたい。

細かいことは抜きにして、1人暮らしの最大のデメリットといえば、やはり毎月発生する家賃が家計の負担になるということである。それも決して馬鹿にならないほどのパーセンテージを占める。

私も以前は1人暮らしをしていたことがあるが、その時は毎月毎月家賃のことが頭から離れず、常に支払いの重圧を感じていた。

しかも支払えど支払えど住んでいる物件は自分のものにはならないので、お金を払うのがなんとも馬鹿らしく思えてくる。

そう、賃貸物件とはただの消耗品に過ぎないのだ。

さらに1人暮らしの場合、初期費用と退去費用がかかる他、食費や通信費といった家族と分割して支払えば安くなる費用に関しても1人で負担しなけらばならない。

 

要するに1人暮らしはあまりにも多くのお金が掛かってしまう。

都市圏に住むならなおさらだろう。

 

確かに自分だけの空間というのは何物にも変えがたい自由さがあって、時にはなんの意味も意義もなく全裸になって部屋中を歩き回ることができたりする。

が、その代償として失う金額があまりに大きすぎる。

あくまで金銭面のみを考えるなら、1人暮らしは圧倒的にコスパが悪いと言わざるを得ない。新築一戸建てはというと、、、私からすれば話にならない。

節約としての実家暮らし

私はできるだけ早期でのセミリタイア(今でいうFIRE)を目指しているので、どうしても節約は欠かせない。特に居住費に関しては切実で、なんとかして費用を抑える必要がある。

そして、そうなってくると選択肢は限られてくる。

地方の安いボロアパートに住む、ルームシェア車中泊、テント生活、中古物件の購入、実家暮らし。

この中で最も節約効果が高くて楽なのが実家暮らしである。

親にいくら支払うかによるが、交渉次第で安くすることは可能。両者が納得しているのであればこれほど費用が抑えられて、なおかつ生活の負担を減らせる方法はない。

中には1円も支払わない強者もいる。

 

もちろん問題もある。親との仲が悪ければストレスになるだけだし、結婚というイベントもある。

ただ、そこさえクリアできるのであれば、実家暮らしほど人生の難易度を下げてくれるソリューションはないだろう。

ワーキングプアについて

働いても働いても貧困から抜け出せない労働者のことをワーキングプアと呼ぶが、この状態に陥ってしまう原因の1つは高すぎる家賃にあると思う。

低収入なのに物価の高い首都圏で暮らせば、給料を貯蓄に回すことが出来ず、いつまで経っても貧困から抜け出すことができない。

俗にいうラッドレースを永遠に続ける羽目になる。

もし仮に同じ給料なら物価の安い地方もしくは実家に戻って暮らせば、東京に住むよりはるかに多くの貯蓄ができるだろう。

ワーキングプアを自己責任というたった一言で済ませたくはないが、もし現実的に可能なのであれば、貯蓄ができる環境に移った方が人生がはるかに楽で自由になるとだけは言いたい。

終わりに

今回は実家暮らしが最強のソリューションであると説明してきた。

実益よりも見栄やプライドの方が大事だという人には実家暮らしは全くおすすめできない。しかし、給料が増えていかず将来的にどんどん貧しくなっていく日本において、効率よくお金を貯めて自由になるには実家暮らしほど効率的なソリューションはない。

活用できる人は積極的に使うべきである。